当サイトにお越しいただき、ありがとうございます(*^_^*)!

事業承継や社内のモチベーションアップの際に、あなたの経営理念や自社の強みが後継者や社員の方に伝わらないとお悩みになったことはありませんか?

お客様や取引先、金融機関に自社の強みを上手く伝えられないと悩んだことはありませんか?

企業の強みには「知的資産」がその裏付けとなっていますが、その見えない資産である知的資産とそれがいかに自社の強みに結びついているかを明確にして社内外に提示することは非常に重要です。

アイアム研究所では、強みを引き出す知的資産経営で貴社をサポートいたします。

<自己紹介~後藤伸幸ってどんなヒト?>

私は、中小企業診断士 兼 知的資産経営認定士の後藤伸幸と申します。

主に調査研究や技術開発の分野で仕事をしてきましたが、

ベンチャーや中小企業の方達が、自社の強みを可視化することで
事業承継や新規事業開拓、社内のモチベーションアップを図るのを
知的資産経営で応援したく、情報発信しております。

当サイトでは、知的資産経営や知的資産を構成している
人的資産(ヒト)、構造資産(仕組み)、関係資産(繋がり、シナジー)や、知的資産経営と関連の深い知的財産、技術開発などのトピックスについて、あなたの事業に役立つ情報をお届けしていきますので、是非よろしくお願い申し上げます(^O^)/!。

<後藤伸幸のプロフィール>

学生時代は、学部、大学院を通じて工学部で機械分野を専攻し、社会インフラ系の企業で、研究開発部門、海外勤務、調査研究部門などを経て、知的財産関連の契約業務に携わる。
研究開発に関わる契約案作成や先方との交渉等の依頼への対応の早さと、契約内容および書式、手続きなど契約全般にわたる親身なアドバイスを信条とする。

働きながら、技術士(機械、総合技術監理)、中小企業診断士、行政書士などの国家資格を短期間で取得し、最近も知的資産経営認定士の資格を取るなど、効率的な学習方法とその活かし方を身に付けている。
これらの知見をブログやメルマガで10年以上発信し、マニュアル本として、アマゾン(kindle)にも掲載するなど、働きながら資格を取りたいビジネスパーソンや、社員のスキルアップに資格取得を利用したい経営者へのアドバイス・支援も得意としている。

知的財産関連業務で得た契約スキルと知的財産に関する知見、中小企業診断士としての経営・マネジメント、マーケティングに関する知見、技術士としての研究開発に関する幅広い知見、行政書士としての法律に関する知識を組み合わせて、知的資産経営をテーマに、後継者や社内の人材育成、自社の技術開発における大学や他の企業との連携、自社の強みを社外にPRすることなどで困っている中小企業経営者に、自社の強み、その背景となる知的資産を可視化して、課題の解決をサポートするべく、情報発信と各士業の関連研究会への参加等の活動を続けている。これらの活動による、最新の知的資産経営・知的財産に関する情報収集や、客観的な意見共有などが、幅広いサポートに役立っている。

  •  2017年 「知的資産経営で会社を元気に」ブログとメルマガ、フェースブックを立上げ、中小企業経営者向けに、ビジネス、マーケティングやAI・IoT動向について、知的資産経営の視点から解説・情報を提供
  •  2016年 行政書士登録、知的資産経営認定士取得
    行政書士会および中小企業診断士会の知的資産経営研究会に入会
    株式会社アンテレクト「週末起業大学」修了
  •  2015年 知的財産関連業務再開
  •  2009年~2014年 国際規格開発に携わる
  •  2005年~2008年 知的財産関連業務に携わる、中小企業診断士登録
  •  1997年~2004年 商品開発業務に携わる、技術士登録
  •  1987年~1997年 研究部門に所属