本ブログの技術契約関連トピックスから:(条文抜きの)技術契約の進め方

契約

【今日のポイント】

社内外を問わず、業務の進め方に大きな変化が起きている中で、契約業務もまたテレワーク等の影響を受けて戸惑う方もいらっしゃるのではないかと思います。

本ブログの技術契約の進め方について、基礎的な部分に関するトピックスをいくつかご紹介しますので、ご参考になれば幸いに存じます。

 

1.技術契約一般

① 研究開発における技術契約のポイント>研究開発の各段階と契約の種類の関係(1)
他社とも関わり合いながら進める研究開発の各段階と、それに関わる技術契約の種類について、2回に分けてのトピックスの第1回。

事業目的からの必要な技術(分野)の特定、その技術を持っている相手探しと協業検討の段階までを取り上げています。

 

② 研究開発における技術契約のポイント>研究開発の各段階と契約の種類の関係(2)
上記トピックスの第2回。
共同で研究開発を行う段階、あるいは相手にその一部を委託する場合、さらに研究開発で得た成果を活用する段階などで必要となる契約についてご紹介しています。

③ 共同で研究開発を行う段階、あるいは相手にその一部を委託する場合、さらに研究開発で得た成果を活用する段階などで必要となる契約について
契約の作成から締結、その後の管理に渡って、主に管理ソフトウェアの動向から記載しています。

 

 

2.秘密保持契約関係

①秘密情報のリスクを回避する方法!秘密保持契約入門(1/5)~秘密保持契約が必要な場面
  新規の取引先探し、新しい取り組みの検討時、事業提携や共同研究開発などの前段階、事業提携や共同研究開発などの前段階など、秘密保持契約はどんなときに必要かについてご説明しています。

②秘密情報のリスクを回避する方法!秘密保持契約入門(2/5)~契約交渉の前準備
  秘密情報を交換する目的の明確化と社内での共有、交換する秘密情報の使い方と管理の仕方の検討、相手に出す秘密情報の準備など、契約交渉前の準備についてご説明しています。

③秘密情報のリスクを回避する方法!秘密保持契約入門(3/5)~秘密保持契約の主要項目とポイント
  秘密保持契約のの主要項目のうち、目的、秘密j方法の定義、秘密保持義務とその例外規定などについてご説明しています。

④秘密情報のリスクを回避する方法!秘密保持契約入門(4/5)~秘密保持契約の主要項目とポイント-2
  秘密保持契約の主要項目のうち、秘密情報の返還義務、損害賠償、解約規定、有効期限、その他の一般条項についてご説明しています。

⑤秘密情報のリスクを回避する方法!秘密保持契約入門(5/5)~秘密保持契約締結後の管理
  秘密保持契約締結後の秘密情報の管理や秘密保持契約自身の期限管理などについてご説明しています。

 

⑥ 秘密保持契約における秘密情報開示範囲のポイント(概要)
秘密保持契約を結ぶ際に、お互いに交換する秘密情報を開示して使う「開示の範囲」も、秘密情報の管理の面から非常に重要な項目となります。
その留意点の概要についてお話しています。

 

3.共同研究開発契約関係

①共同研究開発と契約〉契約交渉前のポイント(ビジネスからの逆算)
共同研究開発は、相手と組むかどうかの検討段階で結ぶ秘密保持契約や、相手に研究開発をお願い、あるいは相手から引き受ける委託/受託契約以上に、事業提携を前提とした検討と準備が必要となります。

本記事では、契約交渉の事前検討におけるポイントをごく簡単にご紹介しています。

 

4.委託契約関係

①研究開発の委託と受託、委託する際の契約のポイント 
 研究開発やデザインなどの作成を委託する側、受託する側、いずれも自社の事業目的と相手のニーズおよび、自社と相手の将来の事業環境の変化なども想定しながらWin-Winの関係を築くために、契約の交渉に入る前に考えるべきポイントについてご説明しています。

②委託契約のポイント(入門編)-その(1)委託契約はなぜ必要か?
「なぜ、中小企業でも委託契約は必要なのか?」について、必要な場面も交えながらご説明しています。

③委託契約のポイント(入門編)-その(2)契約交渉前の準備
「契約交渉に入る前にどんな準備が必要か?」について、自社内での目的の共有や、相手の手札の予想などの観点からご説明しています。

④委託契約のポイント(入門編)-その(3)委託契約書の構成と各条項の概要
「委託契約書の構成例と各条項の概要」についてご説明しています。

⑤委託契約のポイント(入門編)-その(4)契約書の各条項および条項間で気をつけるべきポイント
「契約書の各条項および条項間で気をつけるべきポイント」についてご説明しています。

条項間の整合性などについても、契約交渉中に契約案をお互いに修正しているうちに矛盾点が出てきていないかなどの注意が必要となります。

⑥委託契約のポイント(入門編)-その(5)契約交渉時のポイントと契約締結から契約後の管理まで
「契約交渉時のポイントと契約締結から契約後の管理まで」についてご説明しています。交渉中は、特に契約案を修正する都度、社内関係部所への確認と相手との認識合わせが重要になります。

 

 

● 共通事項:事業目的⇔研究開発の目的⇔技術契約の目的⇔技術契約の内容の検討サイクルを回す、個別案件毎に過去の経緯な今後の予定を含めて検討する。

これは、どの種類の契約にも当てはまることですが、事業目的から必要な技術を選び、その調達方法を考え、必要な契約の種類を選択すること、そして契約交渉中を含めて事業目的に立ち返ってその内容が適切かを判断しながら進めることが非常に重要となります。

また、ひな形や、過去の契約書をそのまま利用するのではなく、個別案件ごとに、過去の経緯やその契約の成果を事業でどの様に利用するのかを含めて確認しながら契約内容を検討することが必要となります。

また、契約は締結して終わりではなく、その後の管理(各種期限の管理や成果・秘密情報の管理など)と連携して行くことが、特に数年に渡る契約や、複数の段階で複数の契約を結ぶ際に意識して実行することが必要となります。

 

上記のトピックスが少しでも研究開発と契約業務のお役に立てば幸いに存じます。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。