無料小冊子

知的資産経営のツールの使い方

~技術開発の各場面で必要な契約について~

 

1. 本小冊子はこんな方(場合)にお役に立てます

 

知的資産経営のツールの使い方でお困りではありませんか?

契約 議論 検討

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

知的資産経営には興味はあるが、いざ知的資産経営報告書や経営デザインシートを作ってみようとした際に、そこで用いられるSWOT分析などの使い方が分からないというお悩みをお持ちの方は多く見受けられます。

 また、SWOT分析の結果を自社の価値創造ストーリーにつなげることも、中々難しいかと思います。

 

本小冊子は、 SWOT分析で注目すべき外部環境のポイント や、 価値創造ストーリーにおいて自社の強みを、 専門家など社外の力も借りてどのようにつくっていくかのポイント をまとめたものです。

全体で31ページの分量となりますが、ご興味のあるところからご覧いただけるよう、6ページ目の構成(目次)に各章へのリンクを張っておりますので、ご利用いただければ、大変幸いに存じます。

 

 

2. 本小冊子の内容のご紹介

 

本小冊子では、以下の図のように、知的資産経営の流れの中で、「自社の強み(知的資産) を知る」と「自社の知的資産がどの様に収益につながるのかをまとめる (価値創造ストーリーの作成による経営方針の作成)」の部分、特に「自社の強み(知的資産)を知る」の中でも、
・経営環境分析により、強み・弱み・機会・脅威を知る (
SWOT 分析、クロス SWOT 分析)
・業務ごとに、他社との差別化につながっているポイントを整理する (価値創造ストーリ作成の前半)の部分に焦点を当てて、
わかり易く、実務を行う方の視点・立場に立ってご紹介しています。

本小冊子の流れ

 

3. 本小冊子のサンプル

以下に本小冊子の構成、社内外情報の集め方、SWOT分析から価値創造ストーリー作成への流れに関する解説のページをご参考までに掲載いたします。

    本小冊子の構成     

小冊子構成

社内外の情報の集め方

社内外情報の集め方

 

SWOT分析から価値創造ストーリーへの流れ

SWOT分析から価値創造ストーリーへの流れ             

 

4. 無料小冊子のダウンロード方法について

本小冊子をご希望の方は、以下のお申し込みフォームに入って、お名前(ペンネームでも結構です)とメールアドレスをご記入の上、お申し込みいただければ、大変幸いに存じます。

 

いただいたメールアドレスにダウンロード用のURLをお送りさせていただきます。

 

お申し込みフォームはこちらから

 

※>お申込内容は、暗号化されて送信されますのでご安心ください。

※>なお、ご入力頂いたメールアドレス宛に今後当研究所の公式メールマガジンをお送りいたしますが、ご不要の方は、メールマガジン内に記載されている削除用URLからすぐに登録を削除できます(恐れ入りますがご自分で削除いただければ、大変幸いに存じます。)。

 

本小冊子のお申し込みはこちらからどうぞ!