アップルのAI研究でのオープン化にみる、「学び続けるコミュニティ」の重要性

● 秘密主義のアップル、AI研究ではオープン化へ

2017年10月28日の日経ビジネスオンラインで表記の記事が掲載されていました。
http://nkbp.jp/2iAPaU1

(引用は「」でくくります。 改行は筆者挿入、以下同様)

「2017年から社内のAI(人工知能)研究者が社外に研究成果を公表することを認めただけでなく、シリコンバレーの著名AIシンポジウム「BayLearn」に会場を提供するまでになった。」

この「BayLearn」というシンポジウムは、大手テクノロジー企業がスポンサーとなって運営が成り立っているそうで、2015年は中国Baiduの研究開発部門、2016年は米Microsoftの子会社である米LinkedInが開催を支援し、2017年はAppleがその役割を担ったとのことです。

● 学び続ける研究者、支援する企業

AIの世界はその基礎的な部分も、応用部分も研究開発のスピードが大変速く、かつ広範囲に渡るので、研究者たちは貪欲に学び続けているそうで、かつそのような研究者を支援出来る企業でないと、優秀な研究者を集められないということのようです。

以前、2017年7月21日のMIT Technology Review で
「「アルファ碁」の開発者であるデミス・ハサビスは、AIの能力の限界を押し広げるには人間の知性をより理解することが必要だと主張し、AIと神経科学の間でのアイデアの交換を提唱している。」
との記事を目にしましたが、人間の知性の研究は、どれだけ奥深く、幅広いものであるを想像することすら容易ではなく、まさに学問の分野や企業間の垣根を超えた交流が必要なのだということを、今回のアップルの記事からも強く感じた次第です。

Google’s AI Guru Says That Great Artificial Intelligence Must Build on Neuroscience

● 学び続けるコミュニティ

日経の記事では、AIのシンポジウムは学会のような雰囲気だと述べていますが、このような学び続けるコミュニティに参加するということは、AIの分野に限らず、自社の事業を改革し続けるために大変重要なことだと思います。

知的資産経営の関係資産は、通常取引先や顧客が対象となっていますが、学会を始めとする「学び続けるコミュニティ」を見つけて参加することで新たな関係資産を構築し、また、そのようなコミュニティを見つけたり参加するための人材を人的資産として採用・育成することは、この環境変化の激しい時代に対応し続けるためにも必要なことではないでしょうか?

この記事がいいなと思ったら、クリックよろしくお願い申し上げます(*^^*)。


中小企業診断士ランキング

★ 「いちいちブログを見に行くのは面倒、自分の関心のある記事だけ読みたい」
とお思いではありませんか?

「知的資産経営で会社を元気に」公式メルマガでは、
このブログのサマリー、今日の名言などを配信しています。

日々の活動から得た、業務効率化や勉強法などメルマガだけの内容もありますので、ぜひご活用下さい!

バックナンバーはこちらから

http://blank-ex.com/bkn64717/chitekis/

メルマガ登録は以下からどうぞ(^o^)!

https://maroon-ex.jp/fx64717/cIBVFx

 

Follow me!