ラルフローレンの店舗での染色技術にみる、地産地消とカスタマイズのサプライチェーン・マネジメント

【今日のポイント】

ラルフローレンは店舗で衣類を染色することで、環境対応と顧客ニーズの迅速な反映を図る取り組みを進めています。

この様に社会や顧客のニーズと、デジタル技術なども含めたシーズ側の双方が大きく変化していき、地産地消やカスタマイゼーションなどの比重が高まる事は、自社のサプライチェーン全体の変化にも繋がるため、その情報把握の重要性も増していると考える次第です。

 

【目次】
1.ラルフローレンの環境対応とサプライチェーン改革
2.中長期を見据えたサプライチェーン全体のマネジメント技術の開発と事業提携が進む
3.自社事業のサプライチェーン、バリューチェーン全体に渡る技術動向と事業提携の情報収集の重要性が高まっている

 

1.ラルフローレンの環境対応とサプライチェーン改革

『環境にやさしい染色技術 Eco-friendly dyeing technique』

2021/11/18の1日5分ビジネス英語に表記の記事が掲載されていました。

(引用は『』でくくります。太字と改行は筆者挿入。以下同じ。)

『デザイナーズブランドのラルフローレンは間もなく、その象徴的なポロシャツを店内で染める技術を身に付ける予定である。
同社は、シャツが売りに出されるまでに変化する色の傾向と、生地の染色に使用する水、化学薬品、エネルギーを減らしたいという2つの理由からこれを行うことを決定した。』

ラルフローレンは、2019年には環境に配慮し、水の使用も抑えたポロシャツを発売しています。

『ラルフ ローレンから、サステイナブルなカプセルコレクション「アース ポロ」が登場 環境に配慮した地球にやさしいポロシャツが誕生!』
2019/04/19 ハーパーズ バザー・オンラインの記事。

 

企業のSDGs対応は既に幅広い業界で中小企業も含めて広がりつつありますが、生産性向上や、顧客ニーズへの対応にも有効な手段であることが、企業間競争とSDGsへの取り組み両立のために必要な事を改めて感じた次第です。

 

2.中長期を見据えたサプライチェーン全体のマネジメント技術の開発と事業提携が進む

今回の記事と今まで本ブログで採り上げてきた、リサイクル可能なプラスチックなどの資源循環への対応ブロックチェーンのファッション業界コーヒー等の農業分野での利用に関するトピックスからは、

中長期を見据えたサプライチェーン全体のマネジメント技術の開発と事業提携が進む」事が予想できるかと思います。

 

上記の企業も一過性の対応ではなく、中長期にサプライチェーン全体について環境対応を進めていることと同時に、
今回の記事に記載の、任意のフェーズでの染色を可能にするなど、顧客ニーズにも迅速に応えられるプロセスイノベーションにも取り組んでいる事が窺えます。

今後、ブロックチェーンやAI・IoTなどを活用したサプライチェーンマネジメント技術開発中長期の視点に立って、事業連携も活用しながら進める企業が生き残っていくものと感じた次第です。

また、最近のコンセプトカー関連のトピックスなどからは、
「コンセプト提示」「受注生産(カスタマイズ)」「地産地消」の3要素が連携して、顧客ニーズと環境性や地域振興などの社会課題の両立を実現する流れ技術開発とニッチマーケティングによって進むとともに、
「顧客を含めたコミュニティづくり」に各社が取り組んでいる様子も窺えると感じます。

 

3.自社事業のサプライチェーン、バリューチェーン全体に渡る技術動向と事業提携の情報収集の重要性が高まっている

上記の様に、SDGsなどの社会課題からのニーズと、AIやIoT、ブロックチェーン等のデジタル関連や今回に記事の染色技術や多品種少量向け生産等技術等のシーズの双方によって、自社が属しているサプライチェーンやバリューチェーンも大きな影響を受けるケースが増えて来ることが予想されます。

 

今まで以上に、自社事業の上流側と下流側を含めて幅広く、その動向を把握して将来の事業機会とリスクを想定することが必要となっているため、

先日のトピックス『経営デザインシートにおける将来の外部環境予測の情報源と使い方』 や 『新型コロナ対応に考える、歴史に学ぶための新技術の活用』 でご紹介した情報源やそれを分析して活用するためのフレームワーク等の利用組織的に行う仕組みづくりの検討をお勧めする次第です。

 

本ブログの参考トピックス〉

『リサイクル可能なプラスチックにみるトレーサビリティの課題』

『プラスチックごみ問題にみる、3Dプリンターへの期待』

『工場の海外進出や純正品の仕様変更のリサイクル品側対応にみる、選択肢確保の重要性』

『鉱物資源の記事に想う、「全体像把握の重要性」』

『服のシェアリングに考える、バリューチェーン全体に渡る管理の高度化への対応』

『フェアトレードへのブロックチェーン活用にみる、自立支援の手段の多様化』

『ルーフレスの高級車~基本機能と付加価値の逆転+ニーズの多様化』

 

★ 以下のランキングに参加しております。ぜひ、クリックよろしくお願い申し上げます(^^)。


中小企業診断士ランキング


特許・知的財産ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。