資源エネ庁の「石油がとまると何が起こるのか?」から学ぶリスクの探し方

● 石油がとまると何が起こるのか? ~歴史から学ぶ、日本のエネルギー供給のリスク?

9月21日、今後のエネルギー安全保障を考える特集の第1段として、
資源エネ庁の表記の広報特集では、オイルショックなどのエネルギーセキュリティーの歴史とその時の政策の振り返りに関する記事を掲載しています。

http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/anzenhosho/kasekinenryo.html

(引用は「」でくくります。 改行は筆者挿入、以下同様)
「エネルギー資源に乏しく、その供給の多くを海外からの輸入に頼っている日本。これはつまり、国際情勢によって、日本のエネルギー供給が大きく左右されるということを意味します。

変化の激しい現代の国際社会において、私たちはどのようにしてエネルギーを安定的に確保し、エネルギーによって成り立っている生活を守ればいいのでしょうか?

そこで重要となるのが、「エネルギー安全保障」の取り組みです。今回はその特集の第1回として、日本でこれまでに起こったエネルギーに関する問題と、問題解決のために行われた政策を振り返ります。」

 

● エネルギー資源価格の変動と、エネルギーフロー

上記の広報特集では、エネルギー資源の価格の推移を図示しながら、その時々の政策を挙げています。

1970年から2011年にかけての原油輸入価格と石油製品小売価格の推移。オイルショック後の70年代半ば、80年代前半に急激な価格の高騰が起こっていることがわかる

出典>http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/anzenhosho/img/kasekinenryo_01.png

また、我が国のエネルギーのフロー図から、どんなエネルギー資源がどの分野に特に大きな影響を与えているのかについて、特に石油を中心に説明しています。

「詳しく知りたい」のリンク先において、エクセルデータが入手可能です。

出典>http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/anzenhosho/img/kasekinenryo_02.png

 

この特集は、今後も見ておくと参考になるかと感じました。

 

● 自社の事業に関する「ヒト、モノ、カネ、情報」の流れを可視化する。

今回の記事の中で、エネルギー問題もさることながら、自国の安全保障に関する問題を分かりやすく可視化している点が、企業経営の参考になるかと思います。

自社の重要なリソースや自社商品の競合商品について、その価格などの推移を見ながら、自社の売上高や営業利益との関係を見ることで、どこに自社のリスクと改善の機会があるかを見つけ出し、社内で共有することはリスクマネジメントと事業改革に有効な方法ですね。

その一つのきっかけとして知的資産経営報告書の作成を利用し、そこでSWOT分析や価値創造ストーリ作成の材料として、上記のフローをマッピングしてみてはいかがでしょうか?

この記事がいいなと思ったら、クリックよろしくお願い申し上げます(*^^*)。

中小企業診断士ランキング

★ 「いちいちブログを見に行くのは面倒、自分の関心のある記事だけ読みたい」
とお思いではありませんか?

「知的資産経営で会社を元気に」公式メルマガでは、
このブログのサマリー、今日の名言などを配信しています。

日々の活動から得た、業務効率化や勉強法などメルマガだけの内容もありますので、ぜひご活用下さい!

バックナンバーはこちらから

http://blank-ex.com/bkn64717/chitekis/

メルマガ登録は以下からどうぞ(^o^)!

https://maroon-ex.jp/fx64717/cIBVFx

Follow me!

お問合わせ(メルアド不要版)

メルアドや本名は【不要】です。
ご質問には、ブログおよび公式メルマガからお答えさせて頂きますので、よろしくお願い申し上げます。