ライフシフト(100年時代の人生戦略)と知的資産

● ライフシフト(100年時代の人生戦略)

上記の本は、先日の起業経営研究会で「ワーク・シフト」と共に紹介
いただいたものですが、高齢化社会への対応として、働き方改革やワークライフバランス、健康経営などに関心を持っていたことから、
大変タイムリーな本をご紹介頂いたと感謝しております。

http://amzn.to/2rEqhcF

同書では、まず、世界的に100歳以上の長寿者が急増し、
特に日本では、2050年までに100万人を突破し、
2007年生まれの子供の半分は107年以上生きると予想されていると記載しています。

そして、従来のライフサイクル(教育を受け、仕事につき、引退
する)から、生涯を通じて「変身」を遂げる必要があり、
そのために人的ネットワークや安定した経済的基盤の構築と
それらを実現するスキル・リテラシーが必要と説いています。

● 100年長寿時代に必要な「見えない資産」

同書では、今後必要とされる資産として、

・生産性資産:経済的な価値を生み出し、かつ希少性のあるスキルと
知識、それを得るための経験学習、ポッセ(リアルの仲のよい人間
関係の互助組織)を始めとする職業上の社会関係

・活力資産:心身の健康と心理的な幸福感

・変身資産:次のステージに進むための意思と能力であり、深い自己
洞察、行動の機会と意思

を挙げていますが、これらは、個人だけでなく、組織としても大事な
資産ではないかと思います。

● 知的資産とライフシフト

無理やり、知的資産経営における知的資産の分類をライフシフトが
構築を勧める資産に当てはめる必要はありませんが、

生産性資産や活力資産、変身資産を企業組織の持つ資産として見るならば、

生産性資産は顧客提供価値を産み出すための人的資産や構造資産、関係資産が相当し、

活力資産は文字通り企業体力と社内のモチベーション、事業承継を
含む事業継続性に相当し、

変身資産は、知的資産経営における自社の知的資産とそれが産み出す
強みの認識と共有、今後の機会と脅威等の外部環境の予測と、それに
対応する施策を打ち出し実施するマネジメント能力が相当すると
思います。

個人が100年時代を迎えるなか、企業も100年を超えて、変身
しつつ継続できるよう、そのために知的資産経営の手法も役立て
ていけるのではと考える次第です。

Follow me!