プロジェクト管理の解説記事にみる、プラットフォーム選びのヒント

プロジェクト管理 プロジェクトマネジメント

【今日のポイント】

プロジェクト管理の種類も、その管理ツールも色々ありますが、

管理手法やツール選びの原則には、デジタル化時のプラットフォーム選びなど、他の分野にも共通するものがありますね。

またその導入経験自身を自社の知的資産として活用する事もお勧めする次第です。

 

 

プロジェクト管理の種類と目的、ツール選定のポイントについて解説

エンタープライズ プラットフォームを運営する、Smartsheet社のサイトに、表記のレポートが掲載されていました。

(引用は『』でくくります。太字と改行は筆者挿入。以下同様。)

以下の項目で、プロジェクト管理の概要が分かりやすく、コンパクトにまとまっているので、自分の理解の確認の方への説明の際にも参考になると感じた次第です。

『 プロジェクト管理とは?

「プロジェクト」の定義は?

プロジェクト管理の目的

プロジェクトに付加価値をつける

プロジェクト管理を行うメリット

プロジェクト管理のキーワード

プロジェクト管理の種類

プロジェクト管理ツールを選ぶ際のポイントは?

プロジェクト管理の事例

プロジェクトマネジメント職の現状と今後の展望は?

プロジェクト管理の注意点

まとめ:ツールを有効活用して、プロジェクト管理を成功させよう』

 

私としては、特に

『プロジェクト管理の目的

プロジェクト管理の目的は大きく分けて2つあります。1つ目が「プロジェクトを成功させること」。そして2つ目が「プロジェクトに付加価値をつけること」です。

と、プロジェクトの初期の目的の達成だけで無く、プロジェクト進行中も、費用対効果などを含めてさらにプロジェクトの提供価値を上げていくと言う点は、いわゆる「カイゼン」を普段の業務や特命的なプロジェクトに組み込む上で重要な視点であり、自社のプロジェクト管理においても仕組みとして組み込む必要性を改めて認識した次第です。

 

 

自社事業で利用するシステムやプラットフォームの選び方のヒント

上記レポートで、

『プロジェクト管理ツールを選ぶ際のポイントは?』

と言う項目が有りますが、それを見ると、私の場合で言えば、契約の管理システムを選ぶ際に検討すべき項目とかなり共通するものがあり、自社に何らかの管理システムを導入したり、他社のプラットフォームを選択する際にも参考になるかと思いました。

例えば、

『データを複数のビュー(方法)で見ることができるか?』

『ログや資料を1箇所に保存できるか?

などは、効率化だけでなく、知見や過去の経緯の活用と言う点からも重要なポイントかと思います。

また、

『ワークフローや反復アクションの自動化は可能か?』

と言うのも、手作業等による時間やミスの低減の上で重要な項目ですね。

「プロジェクト管理ツールを選ぶプロジェクト」と言う視点から、このレポートを見ると、上記のような、自社のシステム選びなどのヒントも得られるものと感じた次第です。

 

  自社のシステム選びをプロジェクト管理し、その結果を社内外に展開する

今回の記事は、プロジェクト管理とそのツール選びに関するものでしたが、上記のように他の管理システムなどの選択や利用にも応用できるかと思います。

また、以下の記事にもみるように、自社がシステムなどを導入または改善していく事をプロジェクトとして管理して進めルナ下で、その中で得た知見は、貴重な「知的資産」となりますので、デジタル化やITによる業務改善において、最初から活用する前提で、その過程を管理し、記録しておく事も重要であり、有効な事業拡大や取引先との関係強化などの有効な手段になるものと考える次第です。

『ウィルゲート、営業生産性23倍を実現した改善ノウハウを基に、営業・マーケの生産性改善コンサルティングの初回相談無料キャンペーンを実施』

自社での成功例を苦労した点含めて社内外に展開する事は、事業の幅と自社への信頼度向上に役立つ事を改めて感じます。

今回のトピックスでご紹介したレポートはこちら:Smartsheet

https://jp.smartsheet.com/content-center/project-management

 

★ 以下のランキングに参加しております。ぜひ、クリックよろしくお願い申し上げます(^^)。


中小企業診断士ランキング


特許・知的財産ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。