弁護士ドットコムとHolmes社の提携にみる、オンラインでのワンストップサービスの進化

オンラインサービス

【今日のポイント】

契約マネジメントサービスと電子契約(署名)サービスの協業は、商取引や研究開発に関連する法務分野でもデジタル化が進んでいることを示しています。

このようなワンストップサービスの活用は、契約の品質向上・リスク回避や契約業務の生産性向上を通じて企業競争力にも影響を及ぼすため、その動向にアンテナを貼ることが必要と考える次第です。

 

契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」と電子契約サービス「クラウドサイン」が業務提携

2020/2/3に、契約マネジメントシステムを提供しているHolmes社と弁護士ドットコム社は表記のリリースを公表しました。

(引用は『』でくくります。太字と改行は筆者挿入。以下同様。)

『今回の提携では、ホームズクラウド上の電子契約の標準機能にクラウドサインが搭載され、ホームズクラウドのお客様も、クラウドサインの電子契約機能をお使いいただけるようになります。

ホームズクラウドによる最適な契約マネジメントと、法的証拠力を担保するクラウドサインの電子契約を同時に実現することで、滑らかな契約締結業務の連携ソリューションを提供してまいります。』

契約書作成から締結まで、リーガルテックを活用するプラットフォーム同士の連携によるトータルソリューションの提供が、法務分野でも進んでいる事が窺われます。

この様なツール・サービスの活用の巧拙が企業のリスク管理能力や交渉力を左右し、企業競争力に影響する可能性も感じる次第です。

 

就業規則作成サービス「HRbase」が、書類作成・マニュアル確認・労務相談がまとめてできる労務管理サブスクリプションサービスの提供を開始

2020/2/3に、労務管理の課題をテクノロジーで解決する「HRbase」サービスを提供する株式会社Flucleは表記のリリースを公表しました。

『【新サービスでできること】

・その①就業規則や雇用契約書の作成
会社情報と会社ルールの入力で、法改正に対応した就業規則と、就業規則に紐付いた雇用契約書がカンタンに作成でき、あっという間に労務管理の基礎がととのいます。

・その②やるべきことの見える化
煩雑な労務管理が分かりやすくマニュアル化され、その中で必要な社内書式もダウンロードが可能です。知識がなくても労務管理が漏れなく実施できます。

・その③困ったら専門家に相談
会社によって変わる労務の悩みには、HRbaseに登録した会社ルールに則り、専門家が的確に回答。ストレスなく相談ができる、WEB上の労務顧問として活用できます。』

契約書作成も提供するとのこと。
特定の業務毎のワンストップサービスとして参考になります。

労務管理、設備メンテナンス、経理等、業務毎に必要な契約業務も含めたトータルソリューションの提供は、法務・知財分野でも始まっていますが、AIICTの活用によりさらに進むものと考える次第です。

オンラインでのワンストップサービスの進化と企業競争力への影響

上記の例や、以前の本ブログのトピックス
Digital記念館や「診断」コンテンツにみる知的資産経営や技術契約診断の入り口の可能性』
からは、サービス提供フローにおけるオンライン上のプロセスが増加する中で、ネットで完結するビジネスモデルが今後増えていくことが窺えるかと思います。

そして、顧客接点の入り口としての情報提供や簡易診断、ソリューション提供、契約や料金の支払いを含めて関連する取引の電子化・デジタル化によるオンラインでのストップサービスが、業界を問わず顧客満足度向上や競争力強化策としても増加し、その活用の巧拙が企業競争力に与える影響も増大するものと考える次第です。

以下のランキングに参加しております。ぜひ、クリックよろしくお願い申し上げます(^^)


中小企業診断士ランキング

 


特許・知的財産ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。