動画活用の人材採用に考える、自社の魅力を伝えるツールとしての経営デザインシートの可能性

動画 宣伝 コミュニケーション

【今日のポイント】

YouTubeや自社サイトでの動画の活用はマーケティングを始め、採用などの分野でもかなり普及が進み、そのサポートサービスも多く展開されています。

ここでは、経営デザインシートも自社のビジョンや将来像の可視化を動画で伝えるツールとして活用の検討をお勧めする次第です。

● 【新サービスリリース】中小企業こそ、採用動画の活用を!採用マーケティングツールの『採用係長』、採用を成功に導く「採用動画制作」サービスを2月6日(木)より提供開始。

2020/2/6に中小企業・地方企業の採用支援を基軸に、クラウド型採用マーケティングツール『採用係長』を開発・提供する株式会社ネットオンは表記のリリースを公表しました。

(引用は『』でくくります。太字と改行は筆者挿入。以下同様。)

『■ 中小企業こそ、採用動画の活用を!「採用動画制作」サービス提供の背景
近年、中小企業の採用難や人材不足がますます深刻化しています。
中小企業基盤整備機構が行なった中小企業アンケート調査によると、中小企業(従業員規模300人未満企業)の約7割以上が人手不足を感じており、「人材の採用が困難」と回答(※1)しています。』

(※1)独立行政法人 中小企業基盤整備機構「人手不足に関する中小企業への影響と対応状況」:https://www.smrj.go.jp/doc/org/20170508_info01.pdf

 

(中略)

『そのような採用市場環境のなか、〝選ばれる企業〟になるためには、求職者に対して自社の魅力を十分に伝える的確なアプローチが必要です。

テキストや画像では伝えきれない企業の魅力や社内の雰囲気、業務内容の紹介や社員の人柄、求める人物像等を、代表や社員の言葉でダイレクトにアピールできる採用動画は、求職者か゛企業の理解を深める上で効果的な手段として注目されています。企業への信頼や好感度の向上、応募の促進だけでなく、企業と求職者のマッチングの向上も期待できます。』

経営者の人柄、社員自身の声などを伝えるうえで、今後動画の利用はさらに広がるものと考えています。

 

● 動画によるWEBマーケティングの事例紹介

私もWordPressでお世話になっている、中小企業診断士の佐久間 俊雄さんが、先日YouTube動画で「WordPress活用によるWebマーケティングの実践と検証」をアップされていました。

『「WordPress活用によるWebマーケティングの実践と検証」東京都中小企業診断士協会 オールジャパン研究会発表です。
Webマーケティングの実践と検証について、Adobe Premiere Proを使って、動画編集してみました。音響の入れ方、テロップの入れ方、素材探しなどは今後の中小企業様の支援の際に役立つのではないかと思っています。
2分40秒ほど、軽快な音楽と共に画面が遷移していきます。』

WEBマーケティングの実践の概要を知る上でも、自分の業務や実績を紹介するためのYouTubeの使い方を見る上でも大変参考になりました。

 

● 動画と経営デザインシートに組み合わせ

動画の効果を活用する為にも自社の魅力や将来像を明確にしておく必要がありますね。

この様な動画の事前準備としても、経営デザインシートなどによる自社の将来ビジョンとそこに至る戦略の可視化は有効なツールになり得ます。

例えば、パワーポイントで経営デザインシートを作成し、

パワーポイントのアニメーション機能を利用して、自社の現状から将来への各段階や、将来に至る道筋とそのための活動を時系列に沿って分かり易く説明することが出来ます。

また、インタビューなど他の動画と組み合わせる事で更に可視化の効果を上げる事も可能となります。

なお、自社の将来像や課題、戦略の可視化と社内外との共有に当たっては、プレゼン能力も重要であり、そのサポートサービスも需実してくるものと予想する次第です。

先ずは、経営デザインシートにアニメーション機能を入れて、試してみてはいかがでしょうか?

 

経営デザインシートのひな形(パワーポイント版)はこちらから入手できます。

『経営をデザインする(知財のビジネス価値評価)ー首相官邸サイトー知的財産戦略本部』

 

★ 以下のランキングに参加しております。ぜひ、クリックよろしくお願い申し上げます(^^)。


中小企業診断士ランキング


特許・知的財産ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。