KaiOSモバイルの普及にみる螺旋的進化とオープンコミュニティ貢献の場の広がり

Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

【今日のポイント】

グーグルとのタイアップによりアフリカの携帯市場で急成長している第3のOS「KaiOS」。

キーボード付きのシンプルなデバイスと必要最低限のアプリを装備し、バッテリーの持ちや価格で大きな強みを持つこのOSに、螺旋的進化の典型例と、携帯のOS開発におけるリナックスなどのオープンコミュニティの影響が見て取れます。

● Googleの支援で生き残ろうとしている“第3のOS”「KaiOS」 ケータイ特化で成功

2019/6/29のアスキーデジタルに表記の記事が掲載されていました。

(引用は『』でくくります。太字と改行は筆者挿入。以下同様。)

『“第3のモバイルOS”……いまや懐かしい響きとなったが、ここにきてAndroidとiOSに続くOSが台頭し始めている。

それが「KaiOS」だ。フィーチャーフォンに特化しているのが、以前の第3のOSブームとの大きな違いで、Googleを味方につけるなど政治スキルも成長を後押ししているようだ。』

kaios は2019/6/26の1日5分ビジネス英語でも取り上げられていました。

『KaiOS、最速で成長するモバイルOS』

『南アフリカのMTNグループとフランスのオレンジSAは、費用がたった20ドルの基本的なスマートフォンを発売している。

そのデバイスは、スマートフォンの知性とフェイスブックやツイッターのようなアプリを備えた基本的な電話に似ている。それらはKaiOSオペレーティングシステムで稼働しており、地域市場に合わせたグーグルアシスタントがついた従来のキーパッドを備えている。』

今回の記事や、以下の記事からは、KaiOSは、アフリカのインターネットやブロックチェーンなどの普及を加速するものと感じます。

『アフリカにおけるブロックチェーンの大きな可能性』

また、アフリカだけでなく、インドなど多くの国で同様の流れが起きていることを予想した次第です。

 

● モバイル端末の螺旋的進化

上記の記事からは、

「モバイル端末の軽薄短小化という螺旋的進化(物事は直線的に発展するのではなく、あたかも螺旋階段を登るようにして発展する)」
「オープンなユーザーコミュニティ主導の開発の進展」が窺えます。

先日のトピックス『『テレビよりインターネット』にみるデバイスでコンテンツサービスを選ぶ流れ』 では、ユーザーがどんなデバイスを使っているかでコンテンツサービスが選ばれる流れを予想しましたが、

今回のKaiOSは、ツイッターやフェースブックなどのサービスを使えると同時に、デバイス側はシンプル、安価で、バッテリーが長持ちというユーザーメリットも提供しています。

フィーチャー・フォンが、クラウド上でのサービスの充実とwifiインフラの整備を背景に、従来の利便性に、利用できる用途の拡大を追加して復活するという、螺旋的進化の典型例かと思いました。

かつ、この螺旋的進化が、AI・ICTの普及やデジタル化の中で、今までよりも早いサイクルで回っていると感じるとことです。

なお、アスキーの以下の記事に掲載されている、「JioPhone 2」は、かのBlackBerryを思い出させますね。

同画像はこちら

『ケータイ復活!? グーグルが出資のKaiOS搭載機が世界で増加』

正に歴史は繰り返す、螺旋的進化が起きていることを実感させられます。

私の好きなクリエなど、パームOS的な端末の進化版の登場も期待したいと思います。

また、このOSはリナックスベースであるという所に、「オープンなユーザーコミュニティ」の開発への影響拡大も窺えると感じた次第です。

ウィキペディア

なお、デバイスのシンプル化、古くて新しいニーズの掘り起こしは、通信キャリアにも通信速度などへのニーズの変化を通じて大きな影響を与える可能性が予想されます。

そこには、携帯端末やOSだけでなく、通信キャリアも含めた「イノベーションのジレンマ」も起こり得るものと感じた次第です。

 

★ 以下のランキングに参加しております。ぜひ、クリックよろしくお願い申し上げます(^^)。

 


中小企業診断士ランキング

 


特許・知的財産ランキング

Follow me!